馬車道商店街協同組合・伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合

(仮称)映画・音楽・人力車 ストリートが楽しいエンターテーメントの商店街 復活事業

横浜市中区常磐町4丁目42番地/横浜市中区末広町2丁目6番地10

商店街の紹介

【馬車道商店街協同組合】横浜開港時、混乱を避けるために吉田橋が架けられ、関門も設置されました。その内側は「関内」と呼ばれました。馬車道は、外国人も済む関内と吉田橋を結ぶ道として、新しい文化が行き交う通りでした。今でも、当時の文明開化の浪漫あふれる街並みは、馬車道のいたるところに残っています。1867年(慶応3年)3月、計画道路として馬車道が完成しました。2017年(平成29年)、馬車道は150周年を迎えました。
【伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合】世代を超えて楽しめる「イセザキ・モール1・2St.」は24時間歩行者天国の400メートルに亘る陽の注ぐ緑豊かなショッピング・モール。ファッションからフーズ&サービス迄、伝統ある老舗や人気のナショナルチェーンなど120店が集結。ちょっぴりロマンあふれるイセブラをお楽しみください。1丁目のウェルカムゲートをくぐれば、歩きやすいバリアフリー、街路樹の木陰や休憩に便利なベンチなど、のんびりとした時間が流れています。

実施する事業について

馬車道商店街では、横浜の開港の歴史を感じる人力車の乗車体験を実施します。人気エンターテーメントである映画を屋外などで開催し、ストリートピアノの演奏会を開催するなど、新しい形の楽しみ方に触れることが出来る様々なイベントを実施します。シンボルは伊勢佐木町1・2ストリートの入り口にそびえるウェルカムゲートのライトアップ演出で、スケール感をお楽しみ下さい。コロナ禍でも安心な密室にならない屋外イベントを数多く実施します。