門司赤煉瓦プレイス運営協議会

門司赤煉瓦プレイスdeかき小屋~withテイクアウトマルシェ~

北九州市門司区大里本町3-11-1

商店街の紹介

門司赤煉瓦プレイスは、明治45年頃から門司の産業を支えた現在のサッポロビール工場の建物であり、産業遺産的価値を有する国の登録有形文化財でもある建物群です。今日では、各種テナントや、貸会議室、ギャラリー、ホール等の施設利用など多様な目的に活用されています。北九州市門司区のシンボル的な存在として、観光やイベント会場になっているほか、TVや映画の撮影舞台として、市内外からの来場者の憩いの場となっています。

実施する事業について

門司赤煉瓦プレイスの活性化、魅力発信、賑わいの回復とさらなる成長を目的に、北部九州で冬の人気スポット “かき小屋”の運営に加え、ファミリー層にも楽しめるよう、子どもたちが遊べるブースを含むテイクアウトマルシェを開催します。地元市民をはじめ、観光客等が訪れるきっかけづくりを行い、事業終了後も継続して人が往来するスポットとして、復活することを目指します。